接客販売を4年経験して痛感したメリット・デメリット【就活や社会人で活かせること】

Milk

これはアパレルの接客販売アルバイトに挑戦したいと考えているあなたに向けて書いた記事です。(つまり二十歳の僕です)

僕は接客販売員として正社員になった経験がないので、あくまでアルバイトを通してのお伝えになりますが、僕が思う接客販売のメリットデメリットを通して、記事を進めていきます。

あなたの今後の人生の、少しでも参考にしていただければ幸いです。

接客販売 メリット

メリット1.コミュニケーション能力が身につく

一番はコレですね。コミュニケーション能力が身につく。
接客販売のメリットは結局のところ全てがコミュニケーション能力の向上に紐付きます。

学生から社会人になると飛躍的に世界が広がります。これまで以上に多くの人と接する機会が生まれます。人と人との繋がりこそが仕事ですからね。

社会の荒波にいきなり放り出され、コミュニケーション能力という基本的な装備がなかったら正直、相当苦労すると思います。だからこそ学生のときから人と関わる経験を積むのはアリだと思います。

①人見知りが矯正できる

プロフィールにも書いている通り、10代の僕は重度の人見知りでした。

緊張するから人の目を見て話せない、早口になる、言ってることが支離滅裂になる、

そんな自分を変えたくて接客販売のアルバイトを始めました。

結果として接客を通じて人見知りは8割がた改善できました。

②人を観察してゲス(推測)するクセができる

お客様は他人です。

常連様であれ、ご新規様であれ、自分とは違う他人です。

相手が今何を考えているのか、何を望んでいるのか…

他人を観察する(見る)癖ができます。格好良くいうと観察眼が身につくというやつでしょうか。

相手の行動や言動から、本心や欲求をゲス(推測)する。

初めは難しいかもしれませんが、自然とゲス力は向上します。

これは就活の面接でも大いに役立つでしょう。

③相手の立場に立って物事を考えられるようになる

観察眼が身につきゲス力が向上するということは、つまり相手の立場に立って物事を考えることができるということです。

お客様の気持ちを最大限理解して適切なご案内ができれば、『出来る接客員』と呼ばれることもあるでしょう。

④話し方が上手くなる

お客様(相手の)の立場に立って物事を考えられるようになると話し方が上手くなります。

この人はこの商品の何が知りたいのか?おすすめのコーディネートか?ブランドの歴史か?

例えば、ブランドのバックボーンが知りたい方に「この商品のおすすめのコーディネートは〇〇を合わせることです。」と、ご案内したところで響くわけがないし、迷惑なだけ。

[観察→推測→相手の立場に立つ]

この一連の流れが身につくと、相手が知りたいことを短い時間の中で簡潔に伝える能力が身につきます。

コツは結論ファーストです。

『上手い話し方』は社会に出ても極めて役立つスキルです。

⑤人に優しくなれる

お客様の気持ちやその人の人間性をゲスして理解することが多くなるにつれて、人に優しくなれます。

しまいには「この人は今こんな酷い態度を取っているけど、きっと何か嫌なことがあったんだよな。いや、そうに違いない。」

と、頭の中で勝手に補正がかかります。

メリット3.記憶力が良くなる

お客様のことを覚えることは、接客販売において大切な作業のひとつです。

社会人になると、多くの人と名刺交換をしてその人たちのことを覚える必要があります。

人を覚えることが癖付いていれば、社会人になってきっと恩恵を感じるでしょう。

人を覚えるのは、理屈ではなく感覚です。

メリット4.美意識が高くなる

常に人から見られているという意識を持つと、

「もっとちゃんとしよう」「もっとおしゃれになろう」

そう言った思いが意識的にも無意識的にも発生します。

メリット5.責任感が身につく

お客様にとってはこちらがバイトかどうかは関係ありません。総じて店員です。

アルバイトだからという甘えがきかない場合もあります。そうなると自然に『働く人としての責任感』が身につきます。

メリット6.服の話しができる

当サイトを見ていただいているくらいですから、あなたはきっとファッションリテラシーがかなり高い方だと思います。

あなたの周りであなたと同じくらいおしゃれな人っていますか?

あなたと同じくらいファッション(洋服)が好きな人っていますか?

あなたと同じレベルでファッションを語れる人っていますか?

ぼくにはいませんでした。

もし、当時の僕と同じでそういった友人がいないなのら、もし、あなたが誰かとファッションの話がしたいなら、

アパレルの接客販売はうってつけです。

だって、服やファッションの話をするのが仕事ですからね。

接客販売 デメリット

休日、祝日は基本出勤

アルバイトであっても休日、祝日は基本的に出勤です。

年末年始も、GWも、お盆も、クリスマスもありません。

一日中立ち仕事

基本的に接客販売は一日中立ち仕事です。

若いからといって油断してはいけません。正直身体への負荷は相当なものです。僕は腰を少し痛めました。

お金がかかる

「自社アイテムを身につけてください」という企業は少なくありません。アルバイトであっても。

新作がリリースされるたびに洋服代がかかります。好きなブランドや商品であればもちろん良いですが、それほど好きでもないものに毎シーズン身銭を切って購入するのはキツいです。

理不尽なクレーム

接客販売はクレームとの戦いです。稀に驚くようなクレームを言ってくる人もいます。

僕は基本的に性善説派ですが、本当に理不尽なクレーム、無理難題を要求してくる輩がいます。

心が擦り切れそうになることもあります。

まとめ

どんな仕事もそうだと思いますが、良いこともあれば嫌なこともあるでしょう。

接客販売のアルバイトを始めた当初、悔しくて一人トイレに駆け込んで泣いたこともあります。

理不尽なクレームや大型連休の連勤を恨みもしました。

でも社会人になってよく思います。接客販売のアルバイトやっててよかったって。

この記事は接客を4年ほど続けた、あくまで僕の考えです。でも参考にはなると思います。