【レビュー】コンバースUSA『CT70』のデティール・着こなし・おすすめモデル【写真多数】

Milk

良き。あぁ、良き。コンバースCT70。

何が良いって、日本未発売モデルだから人とかぶることがほとんどないし、70年代の、「コンバースがコンバースだった頃」を忠実に復刻再現した、完璧なデザインと質感がとにかく最高。

これに、尽きます。

CT70とは?

本家本元コンバース生まれの地、アメリカ合衆国『コンバースUSA』社が極少数生産で展開する超リミテッドライン、それがCT70です。

つまり、幻とかウルトラレアという表現が近いかもしれません。

そのため、海外でも極限られた店舗でしか取り扱いがありません。

また、ひとえにコンバースとはいっても、「日本のコンバースジャパン」と「アメリカのコンバースUSA社」は、そもそも全くの別会社、別企業、コンバースUSAの日本支社みたいな話ではなく、完全な別物です。

つまり、アメリカの本家コンバース社のコンバース製品が、日本で販売られることはあり得ないのです。実現不可能。

日本未発売の理由

理由はひとつ、コンバースUSAが2001年に一度倒産してしまったからです。(今はナイキの傘下として復活)

コンバースUSAが倒産した当時、日本におけるコンバースの総販売代理店を買収したのが、国内最大規模の商社伊藤忠商事です。

そして、それがそのまま今の『コンバース・ジャパン』となったという、以上の経緯があります。

日本以外の海外のコンバース製品は全てナイキ傘下、日本のコンバースだけが伊藤忠商事のもとで生産された製品。

日本だけが、本家コンバースとは全く別の会社、全く別のブランド。日本のコンバースだけが違う製品なのです。

ご存知の通り、伊藤忠は日本で有数の超大規模商社、つまり力は絶大です。

日本国内で自社の息がかかったコンバースジャパン以外のコンバースが流通しないよう、『完全輸入禁止令』を敷いています。

事実上の鎖国です。コンバースの鎖国。

つまり、大人の事情です。

コンバースUSAが、CT70が、日本国内でほぼ買えない理由は、強大な権力によるものです。

CT70デザイン・ディテール

日本コンバースのハイラインモデル『アディクト』とは、素材、アッパーのパターン、ソール、全てが違います。

日本製コンバースとは全く別物のスニーカー『CT70』のデザインとデティールを紹介します。

①:ラグビーボール状のシルエット

日本で販売されているチャックテイラーとは、そもそもの木型=シェイプが違うので、当然シルエットも大きく異なります。

日本版チャックテイラーは、つま先にボリュームがありますが、CT70のつま先は逆に細め。

CT70はつま先ではなく、甲にボリュームを持たすことで、ビンテージのディテールと存在感をうまく引き出しています。

②:濃厚クリーム色の艶々ソール

新品のコンバースってソールの色って白すぎると思いませんか?

テレビに出演している歯が真っ白な胡散臭いコメンテーターを見ているときと同じ気持ちになります。

不自然な白さ。

CT70のソールは、まるでバニラアイスのように絶妙なクリーム色で、さらに艶出しのコーティング加工が施されているので、独特の輝きを放っています。

ヴィンテージの復刻を、忠実に再現しているディテールのひとつです。

ここが、日本版とは大きく違う箇所で、日本版のコンバース製品は基本的にソールはマット加工が施され、艶消し処理がされています。

好みの問題ですが、僕は艶ありが好きです。高級感ありますし。

③:プラス5mmの厚み

CT70と日本版では、ソールの厚みが大きく異なります。

実際に履いていただければ、一瞬で実感していただけます。

もう、ふっかふかです。ふっかふか。

やはり、本来バスケットシューズだけあって、驚くほどのクッション性を備えています。現行コンバースのような、薄くて硬い貧相なソールとは、根本から異なります。

具体的な数字でいうと、ソールの厚みが日本版よりもプラス5mmもあります。

たかが5mm、されど5mmです。

この5mmの差が、見た目のボリュームや履き心地にに大きな影響を与えます。

④:忘れちゃいけない黒ライン

アウトソールをぐるりと一周する、黒いライン。

こちらも日本版とは違って、艶あり素材が施されています。

少しの違いかもしれませんが、艶加工が施された黒のラインが、光に照らされてキラリと輝いた瞬間、「CT70、やっぱり良いなぁっ」と、思えます。

⑤:ヒールパッチ

(2018年から若干のデティール変更がありましたが)パッと見で日本版との違いが、最も如実に分かるのが、ヒール部分のブランドロゴです。

通称『スリースター』。

ちなみに、CT70はヒールラバーも艶出しコーティングすることによって、見た目の素晴らしさだけではなく、摩擦に強い仕様に仕上げています。

⑥:ビンテージライクなボディ生地

ザックリとした手触りで厚みのある、帆布のような質感のキャンバス生地。

この生地感こそが、ビンテージを忠実に再現しているデティールです。

日本版の生地はなんというか、化学繊維のようなテカリがあって薄くペラペラしています。

こちらもソールと同じく好みの問題ですが、個人的には、ボディ部分にテカリは不要だと思っています。

スエードボディもおすすめ

これはモデルにもよりますが、スエードレザーを贅沢に使ったモデルが、個人的には本当におすすめです。

ハイカットも格好良い

ちなみにスエードボディ、チャコールグレーカラーのハイカットも持っていますが、ハイカットのスエードも格好良いいです。

CT70は、こだわりのある人向け

以上全てを総括して言えることは、『CT70』はおしゃれで、だからこそおしゃれでこだわりのある人だけが履くアイテムだということです。

2020年は、フレアジーンズとの合わせがおすすめです。

2020年メンズファッションのトレンドは間違いなく『ブーツカット・ジーンズ』一択。

CT70おすすめコーディネート

 

この投稿をInstagramで見る

 

らくさん(@raku_007)がシェアした投稿

シンプルなモノトーンコーデにこそCT70の本領発揮。存在感が違います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@snakeoilprovisionsがシェアした投稿

トレンドの柄シャツにもばっちり。ロールアップしてハイカットの存在感を引き出しているのが良いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robby Styyo Uryfansさん(@robbyuryfans)がシェアした投稿

デニムのセットアップにバーガンディのCT70を合わせて程よく上品な装いに。

 

この投稿をInstagramで見る

 

bubさん(@__a_k.___)がシェアした投稿

マスタードカラーとデニムの相性の良さと言ったら。シンプルでも、いや、シンプルだからこそCT70が映えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ЯYOさん(@ryo_high_bridge)がシェアした投稿

ポップなカラーリングのストリートコーデにもボリューム感のあるCT70ならうまくハマりますね。

CT70おすすめモデル

先述した通り、日本でCT70を探すのは骨が折れます。だから僕、骨折りました。

おすすめのCT70をまとめたので、是非ご参考に。

①:ローカット ブラック

By:Amazon

まずは王道のブラックのローカット。シンプルイズベスト。

1足持っていれば必ず使えるスニーカーです。

そして先ほどもお伝えしたように、シンプルとはいえ、日本版コンバースとはそもそもの仕様が異なるので、存在感も別格です。

シンプルで定番でありながら、しかし周りとは確実に差が付きます。

②:オフホワイト ハイカット

By:Amazon

こちらも定番のオフホワイトカラー。

日本版だと驚くほど白くピカピカな白系のコンバースですが、そういうのは芸能人の歯だけでいいです。

こういうのです。こういう生成りのような色合いのコンバースがほしいんですよ。

白すぎてコーデから浮くことなく絶妙に溶け込んでマッチする。こういうのです。

経年変化も楽しみです。

③:マスタード ハイカット

By:Amazon

鮮やかなマスタードカラーが足元を鮮やかに彩ります。

全身黒で足元にコレみたいな、差し色コーデをしたくなりますね。

マスタードカラーはデニムとの相性も抜群です。

黄色は抵抗のある方も多いですが、黄色人種の僕らが黄色似合わないわけありません。

④:ネイビー ハイカット

By:Amazon

ヘビーキャンバス地のネイビーは履きこんで色落ちや履きジワができると、まるでデニムのような絶妙な経年変化を楽しめます。

履き始めは鮮やかなネイビーカラーを活かしてキレイ目なスタイルに、経年変化が進んできたら古着なんかとコーデしたら相性良いです。

⑤:チャコールグレー ハイカット

By:Amazon

おそらく黒の次に汎用性が高いチャコールグレー。グレーが合わない色・服装はありません。

シンプルで使い勝手がいいながらも、CT70にしかない存在感とボリュームが魅力的な一足です。

⑥:バーガンディ ハイカット

By:Amazon

ワインレッドカラーが上品な雰囲気を醸し出すハイカット モデル。

秋冬には特にこういった深みのある色が、コーディネートにハマります。

カーディガンを合わせて上品にキメたいですね。

まとめ

デザインやデティールももちろん魅力的ですが、耐久性も兼ね備えているので、末永く履き続けることができます。

Milk

CT70で、こだわりのあるおしゃれを楽しみましょう!

5 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。