1本目のスキニーパンツは『D Collection』で間違いない3つの理由と7つのおすすめコーデ

スキニーパンツがほしいけど選び方が分からないし、どこのブランドが良いのかも分からない…おすすめが知りたい

どこのスキニーパンツを買えばいいか分からない人

こういった疑問にお答えします。


スキニーパンツの選び方や着こなし方は、コチラの記事で徹底解説しています。

メンズスキニーパンツの教科書的記事なので、読んでいただければ選び方おすすめブランドを知っていただけます。


1本目は『D Collection』のスキニーパンツが間違いなくおすすめです。

その理由をお伝えします。

この記事を読み終えるころには、きっと『D Collection』のスキニーが履きたくてたまらなくなっているはずです。

『D Collection』とは?

『D Collection(ディ・コレクション)』は、会員数90,000人を超える日本最大級のメンズファッション専門の通販サイトです。

「周りよりも確実に1歩先をいくおしゃれ」ができるということで、特に10代後半~20代の男性に絶大人気を誇っています。

『D Collection』はダサい?

ネットを調べてみると、

D Collectionはダサい

 

という声があります。

『D Collection』のスキニーを紹介する前にまずは、“D Collectionはダサいのか?問題”の声に対して、僕なりの回答をここに掲載します。

『D Collection』がダサいと言われる理由は、主に2つあると考えています。

そしてこの2つの理由は、ダサいにはなり得ない。という、回答を次にまとめました。

理由①:『D Collection』は、安い

『D Collection』のアイテムはどれも安いです。

安いというかコスパの良さが尋常ではありません。

日本人は、「高い服=良い服・おしゃれな服」という概念を抱きがちですが、では、ブランドタグもない完全に無地な白Tシャツがあったとして、そのTシャツがハイブランドの商品かファストファッションの商品か、果たして見分けることができますか?

僕は自信ないです。

多くの人もそうだと思います。

つまり、“ブランドネーム”という付加価値がつくことによって、商品の価格は何倍にも跳ね上がるのであって、シンプルなアイテムに関して言えば、ハイブランドもファストファッションも見た目に大差はないです。

『D Collection』は安い=ダサいには、ならない。

理由②:『D Collection』は、おしゃれ初心者にこそおすすめ

「おしゃれ初心者にこそおすすめ」ってどういうことかというと、ようは使い勝手が良いアイテムが豊富というとことです。

そして、使い勝手の良いアイテムがどういうものかというと、シンプルなアイテムということです。

シンプルだからこそ、様々なスタイルに合わせることができます。

デザインが奇抜とか色使いが独走的とか、そういうアイテムではなくて(そういうアイテムも最高ですが)、とにかく使い勝手の良いシンプルなデザインが豊富に揃っている、それが『D Collection』最大の特徴です。

だからこそ、『D Collection』は、おしゃれ初心者にこそおすすめです。

『D Collection』は幅広い層におすすめ=ダサいには、ならない。

無料LINE相談もある

コーディネートに関して自信が無い方には、『D Collection』の無料LINE相談サービスがおすすめです。

お店で店員さんと話すのが苦手な方には、これ以上ないサービスではないでしょうか?

もちろん、コーディネートのお悩みに関しては、当ブログの記事もバンバン参考にしてください。あなたのおしゃれの手助けになれば最高に嬉しいです。

『D Collection』は、ダサくはない

まとめると、『ダサい』と『初心者におすすめ』というこの2つの理由が、ダサいにはなり得ません。

こと『D Collection』はスキニーパンツは、シルエットに命を懸けているので、巷のブランドよりも何倍もシルエットや履き心地にこだわっています。

ファッションのおいて、スキニーは必須アイテムだからこそのこだわりです。

そんな渾身のアイテムがダサいはあり得ないです。心配は無用です。

1本目のスキニーに『D Collection』がおすすめな理由

理由①:計算され尽した”極美”シルエット

スキニーパンツにおいてシルエットは命です。

『スキニーパンツの教科書』にも記載していますが、シルエットの美しさを作り出すのは、テーパードです。

先細りという意味のテーパードは、裾につれて徐々に細くなっていく逆三角形のシルエットが特徴的です。

この逆三角形のシルエットこそが、人間の目に“美しい”と映るシルエットです。

実際に購入者や顧客の声を基に、何度も改良に改良を重ねた『D Collection』のスキニーの“美”シルエットは、唯一無二と言えます。

特に拘りを持っているのが、膝から下の部分。テーパードの要ともいえる部分です。

『D Collection』のスキニーは、このひざ下部分のシルエットに命をかけています。

足に程よくフィットする美シルエットは、通常のスキニーパンツよりもワンランク上のあか抜け感を演出します。

通常市販のパンツであれば、裾部分にダボつきができて野暮ったい印象になりがちですが、『D Collection』のスキニーにはそのようなことは皆無です。

さらにロールアップし、丈感を微調整することで、さらにあなただけの絶妙なシルエットを楽しむことができます。

理由②:ノンストレスな履き心地

一度ストレッチなしのスキニーを履いたことがある方は分かると思いますが、ノンストレッチのスキニーをノンレストレスで履くことは不可能です。

血行も悪くなりますし、足もむくみますし、ノンストレッチのスキニーは、はっきり言って苦行です。

足にピタリとフィットするからこそ、スキニーにとってストレッチ機能は必須だし、ストレッチ機能があるからこそ、美しいシルエットが作り出されます。

『D Collection』のスキニーは、購入者の声を反映して開発された経緯があるので、履き心地は極限まで追及されています。

履けば履くほどあなたの足に馴染むので、ベストな履き心地を実感できます。

③:ハイクオリティ・ローコスト

先ほど言ったことを覚えていますか?

ブランドタグによって洋服の価値は決まると言っても過言ではありません。

これだけのハイクオリティのスキニー、一流のハイブランドの商品であれば、6桁は軽くします。

それが『D Collection』のスキニーは、桁が一つ減ります。

これだけのハイクオリティで、このローコストは他のブランドではまず実現不可能です。

D Collectionのスキニーをチェックする

ボタンをクリックすると商品ページに移動します。

『D Collection』スキニーおすすめコーデ7選

①:秋冬『Y』ラインシルエットコーデ

秋冬らしい色合いが特徴的な『Y』ラインシルエットコーデ。

ロングコートとパーカーの組み合わせは、一瞬でおしゃれを演出できる女子受けナンバーワンコーデの1つですね。

また、「使う色を3色に抑えるとおしゃれに見える」というコーデの基本も抑えていますね。

②:『Y』ラインシルエットコーデ(スニーカーVer)

上半身にボリュームを持たせた『Y』ラインシルエットコーデは、ゆったりとしたロング丈のコートやパーカーなどを使用するので、体系隠しの効果もあります。

コートやパーカーの色が変わってもスキニーの”黒色がコーデを引き締めます。

『D Collection』のスキニーは、ドレスシューズはもちろん、スニーカーにもバッチリ合います。

“シルエット”についてより詳しく知りたい方は次の記事がおすすめです。

D Collectionのスキニーをチェックする

ボタンをクリックすると商品ページに移動します。

③:キレイ目ボーダーコーデ

テーラードジャケットとドレスシューズでキレイ目な雰囲気を演出しつつ、インナーにボーダーのカットソーを持ってくることで、程よいカジュアル感をプラスしたモテコーデです。

④:最旬ストリートコーデ

旬のコーチジャケットにパーカーを合わせて、足元はスキニーとスニーカーで引き締めたキレイ目ストリートコーデ。

コーチジャケットにブラウンカラーを持ってくること、程よい上品さがプラスされています。

⑤:キレイ目カジュアルコーデ

コチラも同じくコーチジャケットをアウターにしたコーデですが、インナーをパーカーからボーダー カットソーに変えるだけで印象は

大きく変わります。

上半身のオーバーサイズシルエットをブラックカラーのスキニーが、コーデ全体をグッと引き締めています。

D Collectionのスキニーをチェックする

ボタンをクリックすると商品ページに移動します。

⑥:シンプルレイヤードコーデ

最旬のくすみカラーのカットソーに白インナをレイヤード、足元はロールアップした黒スキニーと定番のスニーカーを合わせたシンプルながらセンスが光るこだわりコーデ。

シンプルを支えるのは、スキニーのシルエットの良さに他なりません。

⑦:シンプルパーカーコーデ

パーカーとスキニーを合わせたシンプルコーデ。シンプルだからこそシルエットの良さが映えます。

パーカーから白のインナーを”レイヤード”しているのもポイントです。

D Collectionのスキニーをチェックする

ボタンをクリックすると商品ページに移動します。

あとがき

僕も普段の私服では、9割スキニーを履きます。

スキニーに関しては並々ならない拘りを持っていて、ヨーロッパの8つの国を旅しつつ理想のスキニーパンツを探し求めた経験もあります。

Milk

シルエット・履き心地・そして価格、理想のスキニーは、日本にありました。

D Collectionのスキニーをチェックする

ボタンをクリックすると商品ページに移動します。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。