【スタートは真似から】服装を真似したくなる人をみつけることが、おしゃれへの近道。

FT

あなたにとってのファッションアイコンは誰ですか?

料理やスポーツは誰かの真似からはじまるってよく言いますよね?

ファッションもまずは誰かの真似です。

誰もが誰かの真似からはじまります。

だから、自分が真似したいと思える人物(それが有名人であれあなたの周りの方であれ)を見つけることは結構重要だったりします。

好きになった服装やスタイルを見渡せば、

「あぁ自分はこういうファッションが好きなんだなぁ」

って、好きな系統がなんとなくわかってきます。

そして自分の中で色々な『好き』や『スタイル』が蓄積されて、

やがて自分だけのファッション・スタイルが確立されます。

ファッションもまずは、真似あるのみです。

例として僕が真似をしてきた(影響を受けた)5組を紹介します。

ファッションの影響を受けた5組の著名人たち

Michael Jackson<マイケル・ジャクソン>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Jacksonさん(@michaeljackson)がシェアした投稿

人類史上一番有名なエンターテイナー、マイケルジャクソン。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Jacksonさん(@michaeljackson)がシェアした投稿

黒スラックスに短靴。
トップは赤のオーバーサイズのサテンシャツと無地の白Tシャツ。

マイケルはこうった服装をよくします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Jacksonさん(@michaeljackson)がシェアした投稿

『ムーンウォーカー』という映画のころですね。
流石にチャンピオンベルトまでは真似しませんが、こちらは黄色のオーバーサイズのサテンシャツと無地T、そして黒のレザーパンツという組み合わせです。

このスタイルにはかなり影響されました。

菅田将暉のスタイルにも似ていると思うのは気のせいでしょうか?

菅田将暉

 

この投稿をInstagramで見る

 

菅田将暉ファンさん(@sudamasafan)がシェアした投稿

菅田将暉は現代日本の若者の代表的な、絶大な影響力をもつファッションアイコンですね。

菅田将暉のファッションはこちらにまとめました↓

菅田将暉のおしゃれファッションを画像で紹介【32のコーディネートと11のスタイル】 NYLON JAPAN guys 2019年9月号を読んで思ったこと

Matthew Healy<マシュー・ヒーリー>

 

この投稿をInstagramで見る

 

mattyさん(@trumanblack)がシェアした投稿

UKロックバンドTHE1975のフロントマン、マシューヒーリー。

彼のファッションスタイルは作品ごとで大きく変化しますが、そのどれもがとにかくカッコイイので参考にしています。

さらに流行を先取りする“眼”も、彼は持っています。

彼が今年になってファッションに取り入れだした「フレアジーンズ」や「ウエスタンブーツ」はすでにファッション業界の間では広まりつつあります。

間違いなく、来年のトレンドの中心になるでしょう。

・フレアジーンズ

ダサくない。フレアジーンズこそ最新メンズファッションにおすすめな理由 2020年メンズファッションのトレンドは間違いなく『ブーツカット・ジーンズ』一択。

・ウエスタンブーツ

おしゃれな人はもう持ってる。ウエスタンブーツのコーディネートとおすすめブランド

The Libetines<リバティーンズ>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spencer G Curtisさん(@spencergcurtis)がシェアした投稿

21世紀を代表するUKロックバンド リバティーンズ。

普遍的なフレッドペリーを自分流に着こなすファッションなどのボロとスタイリッシュの合わせ技、その美学はとても参考になります。

彼らのスタイルはあの伝説のファッションデザイナー、エディ・スリマンにも大きな影響を及ぼしました。
伝説のデザイナー エディ・スリマンと伝説のバンド ザ・リバティーンズ。

Kurt Cobain<カート・コバーン>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kurt • Fan Pageさん(@kurt.sappy)がシェアした投稿

伝説のロックアイコン カートコバーン。

ボロボロのコンバースや大きくダメージが入ったジーンズ、ヨレヨレのカーディガン…
着古したようなアイテムを身に纏う『グランジ・ファッション』。

ルーズでダーティなのに、最高にカッコいいです。

あとがき

真似したくなる服装を見つけて、とにかく片っ端から真似しまくりましょう。

自分の中で色々なスタイルが消化吸収され、やがて自分だけのファッション・スタイルが確立されます。