フェス イズ 助け合い。

Milk

夏フェスシーズンですね。

毎週末日本のどこかで素敵な音楽を大勢の人々が共有する、ディスイズ最高。

フェスは助け合い

サマー・ソニック2017で

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUMMER SONICさん(@summersonic_official)がシェアした投稿

2年前のサマソニでの出来事です。

僕はその日、マウンテンステージのヘッドライナーをどうしても1番前で見たかったので、最初から最後まで、1日ぶっ通しで最前列を確保することを決めていました。
(もちろん自分が知らないアーティストであってもノリます。地蔵は嫌なので)

ぼっち参加なのでトイレに行くこともできません。トイレに発つこと=最前列を放棄することですから。

トイレにも行けないので、水分を摂取することも控えていました(絶対にやめましょう)

真夏の炎天下で立ちっぱなし、ろくに水分も摂らなかった僕は、正直相当やばい雰囲気、見た目だったのでしょう。

ステージ転換の時間、近くにいた(おそらく)10代の女の子2人組が、

「お兄さん、私たちが場所取っといてあげるから休んできたら?」

と、声をかけてくれたのです。

Milk

ん?天使かな?
と思いました。

聞けば彼女たちは、次のアーティスト(ザラ・ラーソン)を、僕の位置(最前列)で見たかったそうで、僕としては、ザラ・ラーソンには明るくなかったのでもちろん喜んで場所を譲りました。

お互いにウィンウィン、ギブアンドテイクです。

・彼女たちは最前列で好きなアーティストのライブを

・僕は一時離脱して体力回復を

交渉成立ということで、その場を後にして自販機に直行します。

水の偉大さを噛み締めながらほとんど眠ったように休んでいると、思ったよりも経っていたようで、気づけばザララーソンのステージ終了の時間に。

急いで最前列まで戻ります。

Milk

もしかしたら彼女たちはもういないかもな…
だって彼女たちにはもうメリットはないんだし…

なんて考えながら先ほどの場所に戻ると、

「お兄さん、遅ーい!」

と、彼女たちは場所を、最前列を確保してくれていたのです。

もう彼女たちのお目当てのライブは終わっているのに。
彼女たちもきっと次に観たいライブがあったはずなのに。
僕が本当に戻ってくるかも分からないのに

心から感謝しました。

彼女たちのおかげで僕はお目当てのリアム・ギャラガーのステージを最前列で見ることが出来ました。

wheel and fins festival2018での出来事

去年のことです。

9/10にイギリスはマーゲートで行われた『wheel and fins festival』というフェスに参加したときのことです。

マーゲートは日本でいうところの湘南のような場所で、ロンドンから列車で2時間、海がある美しい街です。

wheel and fins festivalで僕は性懲りもなく、お目当てのアーティストを最前列で見るために1日場所を確保していました。

お昼どき、腹を空かせた僕に、サンタクロースのようなモジャモジャのヒゲを蓄えた両腕タトゥーだらけの大男が喋りかけてきました。

ウェアーアーユーフロム?

モジャ男

Milk

ジャ、ジャパン

周りを見渡してもアジア人は僕だけでした。多分珍しかったのでしょう。

そこから話は盛り上がり(僕は英語は喋れません)

誰のライブを観に来たんだ?

モジャ男

Milk

リバティーンズ
まじかよ!遠い日本から?

モジャ男

Milk

イエス。なぜなら彼らは(ピートトバーティは)日本に入国できないから…だから僕が観に来た
まじかよ!クレイジーだな!

モジャ男

日本でもイギリスのバンドは人気があるのか?

モジャ男

Milk

あります。僕はそれが大好きです。
おれ、BABY METAL好きだぜ!最高だよな!

モジャ男

Milk

イエス。去年ライブを観ました。僕も最高だと思います

多分こんな感じの会話をしました。

最終的にモジャ男は、僕の両腕にビールとケバブと大量のフライドポテトをおいて、どこかに去ってゆきました。

イギリスの飯って不味いと思ってるだろ?案外悪くないぜ!

モジャ男

多分そんなことを言って去ってゆきました。

モジャ男の優しさを噛み締めながら食べました。

美味しかったです。

最前列でみたリバティーンズは忘れられません。

フェスは助け合い

長くなりましたが、僕がフェスを好きな理由は、

ときに、ライブよりも心に残る、人の優しさに触れることがあるから

です。上の2つの話がまさにそうです。

僕はフェスで助けられた経験がたくさんあります。
むしろ毎年助けられているような気がします。

だから、困っている人がいれば、自分もなるべく助けようと思っています。

それは偽善というよりはフェスに対する単なる恩返しです。

そうやって誰かの優しさから誰かの優しさへ、フェスが周っていけばいいなーと思います。

地蔵はダメ

近年問題になっている地蔵問題。

地蔵はダメです、絶対に。

たとえ自分が知らないバンドであっても、目当てでないバンドであっても、目当ての前のバンドであっても、向き合って音を聴きましょう。

それが出来ないのならフェスに来るべきではないし、音楽好きとはいえません。

フェスは自分が知らかった音楽、知らなかったけど素晴らしい音楽に出会える場所です。

それこそフェスの醍醐味です。それを放棄するような人はフェスに来るべきではありません。

どうか、自分の知らない音楽にも耳を傾けてください。

地蔵になってしまう人はフェスを損しています。

あとがき

少し説教くさくなってしまいました。すみません。

みんながみんなフェスを楽しめるような空間が良いですよね。