「ファッション・スランプ」に陥ったときには、女性ファッション誌を読むのがおすすめ。

今日は良い天気だ。3日間降り続いた雨があがって、久しぶりの日光が家の中に差し込む。

庭先ではスズメがさえずり、家の中にいる猫は、ガラス越しに彼らの様子を注意深く凝視している。

本当に良い天気だ。

「ファッション・スランプ」

なにを合わせても上手くいかなくて、クローゼットの中の洋服を全部破り捨てたくなって、自分はただのダサいやつなんじゃないかと息苦しくなる瞬間が、ある。

誰にでも訪れる、ファッションに行き詰まる瞬間。

僕も、これまで“そういう”瞬間を幾度となく経験しました。

一言で言ってしまえば「スランプ」。

しかし、実際に陥ってしまうと、その苦しみはとてつもなく大きいものです。

とても一言で表現できるようなものではない、息苦しさ。

考えました、どうすれば、「ファッション・スランプ」から素早く抜け出せるのかを。

そして、見つけました、「ファッション・スランプ」から即座に逃げ切る方法を。

「ファッション・スランプ」に陥る理由

そもそも、なぜ「ファッション・スランプ」に陥るのでしょうか。

「ファッション・スランプ」最大の理由は、ファッションの「マンネリ化」にあると思います。

お気に入りのアイテムで以前にもしたようなコーディネートを繰り返してしまう…

人から褒められたコーディネートをセルフコピーし続けるループから抜け出せない…

理由は様々ですが、「マンネリ化」「刺激の無さ」、これこそが最大の原因だと感じます。少なくとも僕の場合はそう。

「ファッション・スランプ」から脱出する方法

さて、あなたは普段からファッション雑誌に目を通す方でしょうか?

目を通す方だとしたら、その雑誌は何でしょう?

雑誌名の前に「men’s」がついてはいないでしょうか?

「men’s ノンノ」「men’s ファッジ」…etc

「ファッション・スランプ」の原因は、マンネリ化と刺激の無さです。

だったら意図的に打ち込んでやればいいんです、自分自身に、刺激を、新しさを。

女性雑誌までチェックしている男性は、おそらくそれほど多くはないと思います。

しかし、いや、だからこそ、「ファッション・スランプ」から抜け出せる道しるべになり得えます。

「ファッション・スランプ」から抜け出すおすすめの方法は、女性雑誌を読むことです。

このような記事を書いてる通り、察しの通り、最近もまた、「ファッション・スランプ」に陥りました。

僕が今回購入した女性雑誌は『GINZA(ギンザ) 2020年 2月号 [FASHION SNAP! 260人の私服大調査! ] 』

たとえば、表紙をめくった途端に現れる、中条あやみさんのこのファッション。

「これ、全然、男でもいけるファッションだな…ボンバージャケットほしい」

ページをめくるたびに視界に飛び込んでくる、格好良い女性たち。

「この色合わせ、真似してみたい…ピンクのマーチンほしい」

「ライダースの合わせ方、めちゃくちゃ渋い…マルジェラの足袋ブーツほしい…」

ページをめくるたびに、ファッション熱が蘇ってくるが実感できます。

冷たく凍り付いた「ファッション・スランプ」の氷が解けていきます。

新しいファッション、新しい刺激…

自分では想像もできない、思いつきもしない、格好良いファッション…

ジェンダーレス化がさらに進む2020年、女性雑誌に載っているファッションは、じつは、男性にも非常に参考になります。

あとがき

読み終えたをそっと閉じ、僕は猛スピードでクローゼットに向かった。
洋服を手えたり次第にひっつかんで、鏡の前に立つ。合わせてみる。

これまで合わせようともしなかった組み合わせが、不思議としっくりくる。

堰を切ったように、新しいアイデアが湧き出てくる。

じゃあこれとこれは…これも合うかも、なるほど、これはこう合わせればよかったんだ。

気づけば、ファッションが楽しくて仕方がない。

そういえば今日は良い天気だ。

久しぶりに、古着屋を巡ろう。

素敵な洋服と巡り合える気がする。