ゆるい、でもおしゃれにキマる。おすすめのパーカーブランドとコーディネート

Milk

合わせやすくて、女の子ウケも高くて、着てるだけでおしゃれに見えてしまうアイテムってなーんだ?

答えはパーカーです。

この秋冬はゆるーく、でも確実に周りと差がつくおしゃれを楽しみましょう。

おすすめブランドのパーカーたち

CULLNI

By:ZOZOTOWN

 

CULL(探して集める、選り抜く)+NIMilkY(素敵な、すばらしい、気の利いた)  を組み合わせたCULLNIという造語。

安藤一彦が2014年春夏コレクションからスタートさせた日本のメンズブランド『CULLNI』。

シンプルの中に独自の美学を込めたデザインは、いつ、どんなときに着てもしっくりくる。着ると心が弾む。

服がブランドのコンセプト『Have a wonderful day(素敵な1日を)』を体現しています。

こちらはCULLNI定番のロゴパーカー。

少しオーバーサイズのサイズ感、裾のスリット、シンプルの中にこだわりを詰め込んだCULLNIらしい一着。

 

ZOZOTOWNでみる

KAPTAIN SUNSHINE

By:ZOZOTOWN

アメリカンカルチャー、クロージングがもつ独特の空気感と、日本ファクトリーならではのモノづくりのクオリティが結実した全男子必見のブランド、それが『KAPTAIN SUNSHINE』です。

こちらのスウェットパーカーは、KAPTAIN SUNSHINEがジャーナルスタンダード20周年のために特別に製作したスペシャルパーカーです。

特筆すべきはやはりそのボディで、メイド・イン・ジャパンスウェットの代名詞でもあるLOOPWHEELERの生地が使用されています。

最高品質のスウェットボディにKAPTAIN SUNSHINEのデザインが乗っかれば、それはもう最高以外の何物でもありません。

ZOZOTOWNでみる

 

REMI RELIEF

By:楽天市場

「古き良き時代のアメリカ」を、職人の手作業による加工技術を用いて表現するブランド『REMI RELIEF』。

「ヨーロッパから見たアメリカ」をコンセプトに、従来のアメカジをモダンに再構築しているブランドなので、アメカジに興味がない方にもおすすめです。

そして、こちらのパーカーはブランドの顔ともいうべきスウェットパーカー。

なんといってもその圧倒的にリアルな退色加工に驚かされます。

じつヴィンテージが朽ち果てていく過程と全く同じ原理で加工しているのだそう。染料と水素の融合でゆっくりと時間をかけて行う加工からは、ブランドの強い拘りを感じます。

【30日限定ポイント5倍】REMI RELIEF(レミレリーフ) スペシャルリメイク 裏毛 ジップパーカー / スウェット / パーカー / メンズ / 日本製
created by Rinker

おすすめのパーカーコーディネート

ジージャン

 

この投稿をInstagramで見る

 

MARTIN  VERGUETさん(@martinvrgt)がシェアした投稿

パーカーと相性抜群のジージャン。

パーカー1枚では寒いとき重宝する合わせです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Mastracciさん(@the_next_gentleman)がシェアした投稿

こちらもパーカーとジージャンの合わせ。

程よく色位置したデニムにグレーのパーカーでメリハリを。

さらに、頭に赤いニットキャップ、足元はスニーカー。
上と下をポップでカジュアルなアイテムで合わることで、コーデに統一感が生まれ、こなれ感を演出できます。

シンプル

 

この投稿をInstagramで見る

 

BEAMS MEN SHIBUYA Officialさん(@beams_men_shibuya)がシェアした投稿

オーバーサイズのパーカーコーディネート。

オーバーシルエットでありながらストリートになり過ぎていないのは、パーカー以外を黒で統一、さらに普通であればスニーカーを合わせるところを、あえて短靴を合わせることで上品さをプラスされているからですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BEAMS MEN SHIBUYA Officialさん(@beams_men_shibuya)がシェアした投稿

シンプルな王道パーカーコーディネート。

オーバーサイズのパーカーの下にさらにオーバーサイズの白Tシャツを合わせた技ありレイヤード。

さらに、パーカーとスニーカーの色を合わせることでスタイルに統一感がプラスされています。

シンプルなようでいて参考になるテクニックが散りばめられたコーディネートです。