【男子大学生必見】リクルートスーツの特徴から好印象なスーツの選び方まで徹底解説

はじめての就職活動…

Milk

なんかいきなりやらなきゃいけないことが多すぎて疲れませんか?

自己分析とかSPIとか合説とかエントリーシートとか面接とか…

その上、面接や説明会に着ていくリクルートスーツのことまで…知らねぇよってなりますよね。

僕もそうだったので心中お察しします。

そんな方のためにこの記事では、以下のことをまとめています。

・リクルートスーツの特徴
・ビジネススーツとの違い
・リクルートスーツの選び方
・おすすめのリクルートスーツ

Milk

あなたの就活の、少しの手助けになれば幸いです。

この記事を読んでほしい方

・リクルートスーツとは何かを知りたい方
・リクルートスーツと普通のスーツの違いを知りたい方
・リクルートスーツの選び方がわからない方
・リクルートスーツをどこで買えばいいか分からない方

リクルートスーツとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

実はリクルートスーツに明確な定義はありません。

あるのは、

就活生が就活時に着用するスーツ=リクルートスーツ

と、いうことですね。

一般的なリクルートスーツの特徴は以下の4つです。

リクルートスーツの特徴

・無地
・ブラック・ネイビー・濃いグレー
・ビジネススーツと比べて安価
・素材はウールやポリエステルの混合素材

以上を踏まえて、これから大きく3つの章に分けて、リクルートスーツのことお伝えしたいと思います。

・ビジネススーツとの違い

・リクルートスーツの選び方

・おすすめのリクルートスーツ

リクルートスーツとビジネススーツの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

1.着用シーンの違い

当たり前ですが着用するタイミングが違います。

リクルートスーツ

リクルートスーツは、学生が就活で着るためのスーツです。

つまりこれ、どういうことかというと、就活生に1番有利なスーツだということです。

どう有利かといえば、リクルートスーツには飾り気やデザイン性がないので、

・誠実な印象
・真面目な印象
・爽やかな印象

を相手に与えることができます。

また、スーツがシンプルな分、就活生本人のキャラクターやポテンシャルをアピールするにも最適だといえますね。

最近では就活にビジネススーツを着用する学生の方も増えてきましたが、ビジネススーツを着用して就活を行うのは一般的に転職活動時においてです。

新卒の就活の場合は、リクルートスーツを着ておけば間違いありません。

ビジネススーツ

ビジネススーツは文字通り、ビジネスの場で着用するスーツです。

社会人になってスーツで勤務する場合に着用するのがビジネススーツですね。
とはいっても、入社したてのころは研修などで社外に出る機会も限られているので、就活で着ていたリクルートスーツで出社する新入社員も多いです。(僕もそうでした)

収入が安定したころに新調すればいいと思います。

2.デザインの違い

リクルートスーツ

無地でカラーはブラックorネイビーがリクルートスーツの基本です。

濃いグレーもありますが、一番のおすすめはブラックです。

理由は、最もベーシックでどんなネクタイにも合わせられるからです。

ビジネススーツ

リクルートスーツとは違って、ビジネススーツはデザインも柄もカラーも多種多様です。

ストライプ、チェック、ウィンドウペン…色もベージュやブラウン…
さらにシルエットや生地、裾の仕上げまで合わせると、それこそ組み合わせは無限大です。

ビジネススーツを着こなすためには少なからず勉強も必要だなので、やはり就活にはリクルートスーツをおすすめします。

生地の違い

リクルートスーツ

リクルートスーツで近年多いのがウールとポリエステルの混合生地です。

理由は2つです。

ウールトポリエステルの混合生地は、

・シワになりにくい

・オールシーズン着用できる

ビジネススーツ

ビジネススーツは、生地も多種多様で、価格によっても使用される生地は大きく異なってきます。

リクルートスーツの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

ジャケットは2つボタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿


リクルートスーツは2つボタンのジャケットが定番です。

3つボタンでも問題ありませんが、3つボタンはクラシカルなデザインなので、リクルートスーツであえて選ぶ人は少ない印象です。

ジャケットの着こなしは、2つボタンの上ボタンだけを留めましょう。

パンツはノータック

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

パンツはすっきりと爽やかな印象を与えるノータックが基本です。
また、裾仕上げはシングルにしましょう。

丈は9部などの半端丈ではなくて、足の甲にハーフクッションできるくらいの丈が一般的です。

サイズはジャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿


スーツで最も重要になってくるのが「サイズ」です。

必ず店頭で採寸してもらいましょう。

基本はジャストサイズが望ましいです。

ストレッチ素材

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

就活は体力勝負でもあります。

合説(合同企業説明会)、面接、ときには1日に複数回面接を受けることもあるかもしれません。

そんなときに動きにくいスーツではストレスになってしまいます。

ただでさえ大変な就活、ストレスの外的要因はなるべく少なくしておきましょう。

ストレッチ機能が搭載されたノンストレスなスーツがおすすめです。

自宅で洗えるウォッシャブルスーツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

毎日スーツを着ていると、目には見えない汗や汚れがスーツに付着します。

目には見えないとはいっても、スーツのハリがなくなったりするので放置するのはよくありません。

自宅で簡単に洗えるウォッシャブルスーツがおすすめです。

就活の面接において身だしなみは生命線。清潔で爽やかなスーツスタイルを心がけましょう。

おすすめのリクルートスーツは「スーツセレクト」

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT SELECT スーツセレクトさん(@suitselect_japan_official)がシェアした投稿

以上をふまえておすすめしたいのが「スーツセレクト」のリクルートスーツです。

上に挙げたすべて要素と機能を備える、”これ以上は考えられない”パーフェクトなリクルートスーツです。

僕も実際に「スーツセレクト」のスーツで就活に臨みましたし、初めて購入したビジネススーツも「スーツセレクト」なので、良さは本当に理解しているつもりです。

また、「スーツセレクト」のスタッフの方は真心のこもった丁寧な接客をしてくださるので、分からないことがあれば何でも遠慮なく聞けます。

なんだかよく分からないまま、10,000円を切る安価なリクルートスーツを買ってしまうよりも、その道のプロのアドバイスで選ぶリクルートスーツの方が絶対に良いですし、就活に対するモチベーションが大きく変わってきます。

ちなみに言っておくと、僕は別に「スーツセレクト」の従業員でも関係者でも何でもありません。強いて言えば「スーツセレクト」のただのファンなので、この記事から僕の方に紹介料が入ってくるとかはありません。

100%本心でスーツセレクトのスーツが良いと思ってお伝えしています。

あとがき

リクルートスーツと合わせて髪型もチェックしておきましょう。就活でもおしゃれができるヘアスタイルをまとめています。

【2020年版】大学生におすすめの”オンオフ”ヘアスタイルで就活もおしゃれも両立