『ハイブリッドアウター』って何者?2019秋冬は、UNIQLOのアウターがヤバい。

UNIQLO

今年の秋冬のユニクロのアウターが、過去最高にヤバいらしいです。

中でも目玉は『ハイブリッドダウンアウター』という新商品。

何がやばいのか?調べてみました。

『ハイブリッドダウンアウター』の何がヤバい?

UNIQLO

ユニクロが新たに開発した「中綿」と「ダウン」2つのいいとこどりをした次世代アウターです。

 

ココがヤバい1.驚きの最新素材

UNIQLO

東レと共同開発した吸湿発熱中綿は、なんと人間の身体から自然にでてくる微量の水蒸気で によって発熱するという驚きの最新素材。すごすぎて意味がわかりませんね…。

さらにしっかり暖めたい体の中心部分にはプレミアムダウンを使用。
秋口~冬まで長く着られるデイリーウェアになりました。

UNIQLO

ココがヤバい2.デザイン

UNIQLO

機能性だけではなく、デザインにもこだわり抜いてこそのユニクロです。

この度リリースされるハイブリッドダウンアウターは、日本を代表をするプロスノーボーダー 平野歩夢選手の競技用ウェア開発からヒントを得て、生産されたそうです。

平野選手のパフォーマンスを最大限引き出すために、中綿とダウンをベストな位置に配置。「軽さ」と「動きやすさ」の機能性はもちろん、シルエットの美しさにまでこだわった平野選手専用の競技中ウェアを、タウンユース用にさらにブラッシュアップして生み出されたのが、この『ハイブリッドダウンアウター』だそうです。

「中綿」×「ダウン」。そして「機能性」と「デザイン」のハイブリッド。

ユニクロ渾身のアウターです。

UNIQLO 2019AW一押しアイテム

『ハイブリッドダウンアウター』のヤバさは分かっていただけたかと思います。ただ、他にもあるんです、ヤバいアイテムが。

個人的に「あ、これ買うな」っていうヤバいアイテムをまとめました。

ボアフリースジャケット

UNIQLO

アウトドアやストリートテイスト漂うボアフリース。

長い毛足と洗い粒がラフな雰囲気を演出、そして立体感のある作りで“”らしさにこだわった一着です。あえて2サイズくらい大きめを選んでも良さそうです。

ボアフリースって着るとわかりますが、本当に驚くほどあったかいです。冬の主戦力になること間違いなしでしょう。

Engineered Garments コンビネーションジャケット

UNIQLO

肩周りと胸周りに余裕を持たせた旬のオーバーサイズシルエットで、今のおしゃれを楽しめる一着。

特徴は何と言ってもそのデザインで、まるでパッチワークのような、フリースとナイロンの切り返しは、見た目はもちろん、耐久性、防寒性アップにも一役かっています。

ユニクロU オーバーサイズコート

UNIQLO

今期もやってきました。クリストファールメール率いる世界最高のデザインチームによる『ユニクロ U』。
やはり毎シーズン最高のアイテムをリリースしてくれます。彼らの素晴らしいデザインの洋服がユニクロ価格で手に入るって、ちょっと異常です。

高い耐久性を誇るスコットランド伝統の素材、キャルバラハーツイルを贅沢に使用したオーバーサイズコート。

伝統的なステンカラーコートをベースに各サイズ感やシルエットを今らしくリサイズ。

ゆったりとしたラグサンスリーブによって形成されるAラインシルエットでキメすぎない大人のおしゃれを演出します。

ユニクロU ボアブルゾン

UNIQLO

表地はまるでベロアのように滑らかで肌触りのいいコットン100%のモレスキンを贅沢に使用。
裏地に使用されているシェルパフリースは、ファッションはもちろん、保温性も極めて高い一挙両得の素材です。

ブリゾンはさらっと着れて、キレイ目からカジュアルまで幅広い着こなしができるので、これ一着あるだけで秋冬のコーディネートは格段に広がると思います。

ユニクロU ウォームパデッドコート

UNIQLO

ハイブリッドアウターとは違うよさが詰まったユニクロUのダウンジャケット。

中綿の保温性と断熱性を最大に高めるための大きめのキルティングが特徴的。デザインとしても、ざっくりとしたラフな雰囲気が今っぽくて幅広い着こなしが出来そうです。

あとはやはりこの色ですね。
メンズでここまで赤いアウターは中々ないと思うので、自分のワードローブに一着加えると今までとはちがうコーディネートを楽しめそうです。