脱・ワイドパンツ未経験者。おすすめコーディネートとブランドを厳選紹介

またまだブーム継続のワイドパンツ。

履きこなすのが大変だと思われがちですが、押さえるべきポイントさえ押さえれば余裕です。

ワイドパンツをおしゃれに履きこなすポイント

ポイント1.全体はシンプルに

メンズのワイドパンツはそれ自体がインパクトの強いアイテム。

全体的にはシンプルにまとめるとうまくコーディネートできます。

ポイント2.モノトーンやワンカラーコーデがおすすめ

あとに紹介していますが、モノトーンやワンカラーコーデで使う色を少なくした統一感ある合わせ方がおすすめです。

ポイント3.はじめては定番カラーを

はじめてワイドパンツを手に入れようと思っている方、1本目は定番カラーのブラックカラーやネイビー、ベージュがおすすめです。

黒や紺色は何にでも合うカラーというのはもちろんですが、ポイント1の通り、ワイドパンツはそれ自体がインパクトの強いアイテムです。そういった理由からも、1本目は使いやすいカラーがおすすめです。

では、ワイドパンツはなぜインパクトが強いのか?

それは、シルエットがワイドだからですよね。

つまり面積が大きいわけです、ワイドパンツって。ワイドだから当たり前ですが。

面積が大きいアイテムに明るめのカラーを持ってくると当然目立ちます。

クセ×クセ』というわけです。

何度も言いますが1本目は黒・ネイビー・ベージュの3色がおすすめです。

ポイント4. 自分に合ったシルエットを

後ほど紹介していきますが、ワイドパンツというとまるで袴のようなシルエットを連想されるかもしれませんが、ワイドパンツブームの昨今においてはそのシルエットも様々です。

腰回りにはゆとりを持たせつつ裾に向けてシルエットが細くなっていくテーパードシルエットのワイドパンツや、丈が8、9分のアンクルワイドパンツは、とくに合わせやすいのでおすすめです。

おすすめのワイドパンツ コーディネート

モノトーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@_t__xx_)がシェアした投稿

モノトーンのシンプルイズベストコーディネート。
ホワイトカラーのシャツはボタンを閉めずにオープン。さらに中のTシャツとパンツは黒で統一感を。
仕上げに足元のスニーカーで程よいストリート感を演出。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お카カさん(@kxlllxk_lll)がシェアした投稿

こちらも同じく白シャツ黒ワイドパンツの組み合わせですが、組み立て方によってこんなにも違います。

こちらはシャツの第一ボタンまで閉めてパンツにタックイン、足元には革靴を合わせた王道キレイ目スタイルです。

ワンカラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

MEMPHISさん(@memphis_kumamoto)がシェアした投稿

アースカラーの同系色で組み立てたコーディネート。
清潔感と柔らかさと程よい抜け感がバランスよく共存したおすすめコーデです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junha_mun_openerさん(@junha_mun_opener)がシェアした投稿

こちらも同じくワンカラーコーディネートですが、パンツの丈感と編み込みデザインが特徴的トップスを合わせてパンチを効かせています。

それでもクセの強さを感じさせないのは色の統一に他なりません。

おすすめのワイドパンツ

F/CE.

By:ZOZO

日本が生み出した高機能ブランド『F/CE.』

大胆なワイドシルエットですが、ウエストのスピンドルが程よいストリート感を演出しているので、モード過ぎずカジュアルに履くことができるのでおすすめ。

高機能なナイロン100%で履き心地も快適です。

ZOZOTOWNで見る

Yohji Yamamoto

By:楽天市場

日本が誇る世界的ブランド ヨウジヤマモト

ヨウジといえばワイドパンツ。ワイドパンツといえばヨウジヤマモト。

裾に向かってテーパートが効いているシルエット、さらに丈は8分のアンクルパンツ、合わせやすさ抜群です。

ヨウジヤマモト Yohji Yamamoto メンズ ボトムス・パンツ【Back Flap Elastic Pants】Black